酵素サプリやドリンクでは本物の酵素は取れない!なぜなら・・・

最近、酵素サプリメントや酵素ドリンクをよく見かけますが、
この酵素というのは、人間の体にとって非常に大切な存在みたいですね。

酵素は野菜や果物、穀物などに沢山含まれています。

食物の消化吸収や排泄に大きく関わっていて、
体内で酵素が不足していると、消化吸収が悪くなって内臓に負担がかかってしまい、身体の新陳代謝が悪くなると言われています。
便秘になってお腹が出ているのも酵素不足が原因のようですよ。

もちろん通常、体内で酵素は生成されるのですが、
40代を過ぎたあたりから、急激に減少します。
現代人は食事の変化などの影響で、若い人でも不足している人が多いそうですね。

酵素を補うためには、酵素が含まれている食品から摂取すると良いです。

食品の中には酵素が入っているものも、たくさんありますが、
酵素は熱に弱いので、食物から摂取するのは難しいため、
サプリメントやドリンクで酵素を取り入れようと思う人が多いみたいです。

しかし酵素ブームが盛んになってから、
「酵素は胃酸で消滅してしまうので、酵素サプリやドリンクを飲んでも効果がない!」ということも言われています。

これってどういうことなのでしょうか?

実は、実際に酵素サプリやドリンクを飲んでも、本物の酵素は取れないようです。

ただ「酵素が取れないから飲んでも効果がない」というわけではありません。
酵素サプリやドリンクには酵素そのものが入っているのでなく、
体内で酵素を増やすサポートをする発酵エキスや酵母が入っているのです。

つまり酵素サプリやドリンクの正しい呼び名は「補酵素」ということになります。

酵素サプリやドリンクの中に、酵素そのものが入っていると思っている人は多いようですが、
そうではなく、「酵素を作り出すための栄養素を摂取する」というのが、サプリやドリンクの狙いのようですね。

なので、食べ物からの酵素摂取が難しい場合は、
サプリメントやドリンクをうまく利用して、体内に酵素を増やしていけるように心がけましょう。

 

このブログ記事について

このページは、yamato200が2015年1月16日 17:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いろんな痩身エステの中でもたかの友梨が一番人気のワケ・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。